広島地域 8ch

毎週日曜日 朝6時45分放送

独自の価値を創造する企業をテレビ新広島とTSSプロダクションが総力取材

放送内容 過去に放送した番組をご覧ください。

2020.07.05 O.A.

地域に愛される会社づくり

ワールド建設株式会社
増加する防災関連事業

広島市安佐北区可部。江戸時代から鋳物産業で栄えてきたこの町に本社を構えているのがワールド建設株式会社です。高度成長期の1966年に創業し、陸、海、川などの壮大な自然を相手にした公共事業を数多く手掛け人々が快適に暮らすための都市づくりを行ってきました。
日本中で頻発している自然災害によって防災意識も高まり、最近では、土砂災害を未然に防ぐための砂防ダムの建設や
救命活動、物資輸送などを行うための緊急輸送道路などの受注も増えてきているといいます。

建設業界のイメージを変える

しかしこれまでの建設業界は、多くの人から危険・きつい・汚いの3Kといわれ重労働をこなす社員たちに対する世間のイメージも決していいモノではありませんでした。そんな中、災害復旧工事に携わる事で、世間のイメージも変わってきたのです。仕事に対するやりがいが芽生えたことで、社内には広島の安心と安全を守る地域№1の会社になる!というスローガンが生まれました。

ボランティアなどに積極的に参加

広島県が管理する河川などの清掃と美化に取り組む「ラブリバー活動」そして、地元住民や自治体と協力した道路清掃活動「ボランティア・ロード」に参加し、地域でのイメージアップを目指しました。そして、これまでなかった取り組みとして地元の小学生を工事の現場に招き、建設業に興味をもってもらうための活動を始めたのです。 こうした地域性を生かして、西日本エリアの工業高校に積極的にアピール。すると、そこに魅力を感じた若手社員が毎年入社してくるようになったのです。

プロフィールへ

続きを見る
今回のポイントは『使命感と愛』
金光社長にいろいろとある建設会社の中でワールド建設の光るところを伺った。最近受けた表彰では国土交通省 工事成績優秀賞認定 中国地方1位 とのこと。土木工事からマンション建設までいろいろと手がける中で、インフラとなる道路や砂防ダムのような限られた予算で進める工事は計画進捗と品質が重視される。それが認められたことが建設業界にあって光る実績になるそうだ。このような受賞に至るには社員の不断の努力の上にあるとのこと。この努力を支えるために社内には工事の評価点に応じた報奨制度があり、モチベーションアップを図っている。これは多数の関係者が関わる工事を順調に進めるだけでなく施主の要望に応え、その担当者の成長を促すことにつながっているとのこと。また金光社長は社員には愛をもって育て、長く会社に貢献して欲しい、できる限りの働く環境を整えたいと熱く語られた。一見地味な方であるが社員への思いは優しく力強い。金光社長は建設業は国土を豊かに安全に暮らしやすくするために絶対に必要であり、使命感をもってできるやりがいのある仕事と確信している。中小企業であるからこそ感じられる建設業への“使命感と愛”あるワールド建設のこれからも期待したい。
企業情報
会社名

ワールド建設株式会社

業種建設業
事業内容国土交通省、広島県、広島市などの公共団体の元請け業者で、道路、上下水道、橋梁、砂防ダム、護岸、港湾などの土木工事を施工
代表者金光岩夫
従業員数50人
所在地
お問い合わせ TEL:(082)810-0185. FAX:(082)815-7730