広島地域 8ch

毎週日曜日 あさ6時45分放送

独自の価値を創造する中小企業をテレビ新広島とTSSプロダクションが総力取材

放送内容 過去に放送した番組をご覧ください。

2017.08.27 O.A.

業界の常識を覆す戦略 スペシャリストのいる美容室

株式会社ラランジェ
仕事の分業化によるパフォーマンス

広島市南区宇品西に本社を置く株式会社
ラランジェは、本通り、紙屋町、光町など広島市内
に9店舗を展開する美容室です。
どの店舗も空間を広く取られており、ラグジュアリーな
雰囲気の中、お客様の要望を最大限いかせるように
仕事の分業化を図っています。
従来、美容室では、美容師が受付からカット、
カラー、シャンプーなど全ての作業を一人でこなして
いました。ラランジェは、これを分業化しました。
受付や対応はレセプショニストが担当。
カットはスタイリスト、カラーはカラーリスト
ネイルはネイリスト、アイメイクはアイデザイナー
エステなどはホリティシャンとそれぞれが担当しています。

より専門性が高い技術力

分業化することでキャストと呼ばれるスタッフは
専門性の高い技術力を学んでいくことができます。
これは従来だとカットもカラーも接客も全てを
進化させていくことに限界がありました
そこで佐々木社長は、分業化にすることで
キャストがお客様一人に所要する時間の短縮
そしてより専門性の高い技術の向上が図れると
判断し、実行に移しました。

ラランジェの礎

ラランジェ本通り店の2階にはトレーニングセンターが
あります。ここでは見習いのスタッフが昼と夜の2交替で
全店から集まり、カットなどの基本的な技術を
学んでいます。
ラランジェではスタイリストとして認めてもらえるには
20項目にも及ぶ試験がありそれらすべてを
クリアしなければなりません。
その基礎知識や接客の心構えなどラランジェの原点を
作ったのが佐々木敏恵さんです。
敏恵さんは前身・あさひ美容室時代から生涯を
ラランジェに尽くしてきました。
そして今も敏恵さんの教えはマニュアル本として
全店に置いてあり、キャスト全員が読んでいます。

働く環境の改善でよりよいお店づくりを

この会社にはもう一人、美容師の生活そのものをかえる
きっかけを作った人がいます。
創業者の佐々木シナコさんです。
シナコさんは、1933年東京で美容室を始めました。
戦後広島に戻り、小さな美容室を再開。
それがラランジェの前身・あさひ美容院です。
シナこさんは、朝早くから夜遅くまで、
身を粉にして働いてきたと言います。
美容業界全体のこの問題を解決すべく
佐々木社長は、トレーニングセンターの設置を始め
費用の半分を負担し希望者のお店に届けてくれる
ラランチ。これは、食生活が不規則なキャストたちの
食改善のため、野菜やご飯など栄養バランスを
考えたお弁当なのです。
さらなる一手。
それが美容師たちの復職。
結婚や出産などで美容師を辞めた人たちに
もう一度その技術を生かしてもらいたい。
そのために新しいブランドを立ち上げました
ここで大人の美容師による展開が期待されています。

プロフィールへ

続きを見る
ヘアスタイリングだけでなく、
心と体の健康に根ざした本来の美しさを共に考える
「元気提供」企業 ラランジェ。

今回のポイントは「企業の継続は多様性にある」とした。
佐々木社長へのインタビューを通して、
美容師や美容に関わる技術者、
そして理美容業の新たなる価値とそこで働く社員、
そしてお客様のために何をすべきか、
その熱い思いから企業の多様性は重要であることを
感じている。

創業は1933年と戦前で、企業設立は1976年、
3代にわたり美容院経営を行っている。
早い段階で多店舗展開、会社組織による美容室運営を
手掛けて、現在9店舗を展開している。
それもスタイリングだけでなく美容全般にわたり
一連のサービスを持つ。
なぜ、そこまで多彩な企業となり、
施術サービスの多様化を図ってきたのか。

ここには3つのポイントがあり、
・技術や知識を持った社員のスキルを高め、
将来にわたって継続した仕事にすること
・企業として安定した生活、教育、仕事の仕組みを
整えること
・お客様に多様なサービスを受け、
複数の社員が一人のお客様に携われること
佐々木社長のインタビューを通して感銘を受けた。
この当たり前のようなことができる
ために人材教育や情報共有のための活動に
多くの時間と努力を払うそうである。

面白い点は佐々木社長は当然美容には詳しいが、
本人は美容師の資格は持っていない
そうである。美容師ではない社員も多く所属する。
先代の頃から多様な人材が意見を
通わせることで、様々な視点で美容院経営を
考えることができ、それが道を間違わないで
経営を継続してきたことにつながっている。
各店舗においてもマネージャーがいて
スタッフがいて、という形で美容室では一線を
画した形態を持つ。

美容師の仕事は師弟関係があったり、
働き出しは厳しく、ピークは30歳代でその後は
継続的に仕事をすることがまた厳しくなる、
それが普通と言われる業界。これを覆し、
休憩や練習、そして食事も会社として考え、
社員が健康で高いモチベーションで働くこと
ができる環境を整備することで、結果、
お客様への最高のサービスが提供できる。

サービス業に関わらず、事業の新たなる価値と
そこで働く社員、そしてお客様のために
何をすべきか、そこには企業の多様性が
重要であるといえる。
ラランジェがさらに多様なサービスを提供することに
期待したい。

企業情報
会社名

株式会社ラランジェ

業種生活関連サービス業,娯楽業
事業内容美容室
代表者佐々木淳
所在地広島市南区宇品西1丁目2-38
お問い合わせ082-254-0322
ホームページhttp://www.laranje.jp