広島地域 8ch

毎週土曜日 朝11時35分放送(日曜日 深夜再放送中)

独自の価値を創造する企業をテレビ新広島とTSSプロダクションが総力取材

放送内容 過去に放送した番組をご覧ください。

2022.09.17 O.A.

小規模企業ながらリスクを恐れず新技術を取り入れる会社

ウムヴェルト株式会社
新技術で取り組む非破壊調査

ドローンで撮影した数多くの写真を解析し、詳細な地形を画面上で確認できる立体的なデータにして、測量を行う会社があります。
従来の測量の場合、人が実際に移動してデータを数値化していく作業が必要なのに比べ、大幅に作業時間を短縮できるのだとか。

そんな最先端の測量技術を誇るのが、建設コンサルタントを手がけ、2022年で創業40周年を迎えたウムヴェルト株式会社。測量、土木設計、施設点検調査など、建設関連の業務を行っています。
特に重視しているのが、非破壊調査。ドローンはもちろん、地中レーダー探査機、3Dスキャナーなど、新技術を積極的に取り入れてきました。

技術への投資は人への投資

背景にあるのは、代表取締役 平賀勝秀さんの、戦艦大和の電気配線設計の技術者だった祖父の言葉。
「新しいものに挑戦しないといけない」
「先を見通して仕事をしないといけない」
この教えとともに、新技術を取り入れてきました。

2018年 西日本豪雨

新技術の重要性を改めて感じたのが、2018年に発生した西日本豪雨。ウムヴェルトが本社を置く呉市周辺でも数多くの被害が出ました。
ここでウムヴェルトは、「我々の仕事を生かして 災害対応に尽力しよう!」と当時あまり普及していなかったドローンを使った測量を提案。通常1〜2か月ほどかかる測量が、現場は2日3日で終わり、1か月ほどは工期短縮になり、ドローン測量と通常測量を合わせ
およそ300件もの災害現場を担当することができたのです。

新技術を生かすのは「人」

こうした現場を経験したことは、スタッフの技術が向上しただけでなく、仕事の向き合い方も変化させました。
いざ災害が起きたときに自衛隊・消防・警察の次に出るのが自分たちだという使命と責任を感じ、社会の支えになっているというやりがいを感じるようになったのです。

「新技術には夢がある」「社員のモチベーションも高くなる」と平賀社長。
後世に伝える 公共性が高い仕事を担う人材を育て続けています。

プロフィールへ

続きを見る
建設コンサルタント“ウムヴェルト”
 今回の素敵なポイントは「新技術を使う」ことの効果。

―土木工事は自然環境の形や状態を測ることから始まるんですね―
国土交通省では、魅力ある建設現場を目指す取組として i-Construction(アイ・コンストラクション)を進めており、土木のIT化・デジタル化により建設業務の生産性向上を進めている。
道路はじめ地域の安全と利便性を高める土木工事は重要な仕事。
土木工事をする場所の形や状態を測量結果を設計にいち早く活かすためにデジタル化を進める新技術の導入は大きな課題となっている。

―新技術を使いこなすのは大変ですよね―
平賀社長にウムヴェルトの新技術導入について伺ったところ、
新しいデジタル機器の投資はお金もかかるし、それを扱う人材の育成も必要になる。
一方、ドローンによる測量を始め新しいデジタル機器は若い人たちこそ活用の幅を広げてくれる。新しい人材の活躍の場を広げ、さらには建設業への女性の進出を促せる。
土木工事においても新技術導入により、災害時や緊急時においても素早く対応でき、社会へ貢献につながる。
 ウムヴェルトはいち早く新技術を導入し使いこなすことを課題とすることで、社内人材の育成と業務の活性化を図っているとのこと。
新技術を使いこなすことが自社の技術力とサービス性を高め、自社独自の技術へと高めることにつながっている。若い人材には地域の安全な環境を守るために一緒に受け継いでいきたい。
とのことだった。

―業務のデジタル化は会社も社会も変えていきますね―
 建設工事は作ることと同じくらい維持することも大切で、工事情報を記録するデジタルデータの活用は後世に情報を受け渡す重要な業務といえる。気候や時間の経過により地形や状態は変わっていくため、ずっと続けていく素敵な業務といえる。そこには新技術を導入し使いこなすことがポイントとなる。
デジタルデータは次の新しいサービスや新事業新商品へとつながっていく、重要な知的財産になる。

 どの業界においてもデジタル化・IT化は企業を躍進させる。
 ウムヴェルトがますます進化していくことに期待したい。
企業情報
会社名

ウムヴェルト株式会社

業種学術研究,専門・技術サービス業
事業内容土木関係建設コンサルタント業務
測量業務
補償コンサルタント業務
地質調査業務
インフラ点検調査業務
非破壊業
宅地建物取引業
代表者代表取締役 平賀 勝秀
従業員数40名(うち女性10名 令和4年9月現在)
所在地広島県呉市阿賀南8丁目1-7
お問い合わせ(0823)76-5855
ホームページhttps://umwelts.co.jp/
本社 企画事業部
TEL(0823)76−5855 FAX(0823)76−5856
広島支店
TEL(082)258−1872 FAX(082)258−1873
備北支店
TEL(0824)69−0100 FAX(0824)69−0102
東京支店
TEL(03)5830−6810 FAX(03)5830−6811
事業所案内広島支店、総括事業所、平和公園前オフィス、
備北支店、東京支店、福岡支店、(その他営業所)